赤ちゃんの高熱の原因は!?突発性発疹だった!

楽しいお盆休みがやってきましたね。皆さんは帰省や旅行、プール・水族館など楽しいお休みを過ごしていることでしょう。我が家は、まさかの看病休みとなりました。(涙)

 

お盆真っ只中、8/13の日曜日に生後9ヶ月の娘が39℃の熱を出しました!

熱が高いので日曜日にやっている小児科を探して向かうと、なんとお盆休みでした!そらそうだと行ってから気付きました。。

しかたがないので、月曜にやってる病院を探しながら、今日は様子を見ることに。

次の日になっても39℃を越える熱に、下痢、水分と食事は摂れるものの、ぐったりしているので、やっている病院を探して連れて行きました。

病院探しに苦労して、見つけた病院では満員で、立ち見ならぬ、立ち待ち合いとなっていました!お盆休みには体調を崩さないように気を付けないといけませんね。

結局、原因は分からず、多分ウイルス性の風邪でしょう。と抗生物質と薬を貰いました。

 

しかし、次の日も高熱、下痢、ぐったりは続き、とても心配しましたが、4日目でやっと熱が下がりました。

ほっとするのも束の間、今度は顔や体に湿疹が!「これが突発性発疹か!」と勝手に納得。

下痢も続いていたので一応、病院に連れていくと、やっぱり突発性発疹でした。

 

突発性発疹について】先生が詳しく教えてくれました。

突発性発疹は、痒みもなく自然と治るので、特に薬などは必要ないらしい。

生後半年~1歳の間になることが多く、約9割の子がかかるみたいです。高熱が続いたあとに発疹が出るのが特徴で、発疹が出るまで、他の風邪と区別がつかず風邪と診断されてしまうようです。

高熱で脳がおかしくなることはなく、熱が高いからとそこまで心配することはないみたいです。心配なのは、高熱によるひきつけと脱水だそうです。しっかり水分をとることと、ひきつけがおこったらすぐ病院に行くことが大切だと病院の先生が言っていました。

 

あとは【おむつかぶれになった時の対処法】も聞いたので紹介します。

うんこはおしりふきでふかず、夏ならシャワーで流し(石鹸で洗うのは1日1回であとはお湯で流すだけ)、寒い時期なら脱脂綿にぬるま湯を含ませて拭いてあげるのがいいようです。

お風呂はぬるめのお湯に少し長めに入り、しっかり乾かしてからおむつをすると良いのだそう。ベビーパウダーとかの粉はつけない方がいいみたいです。

 

 

元気になって良かったですが、結局、何処にも行かず、何もせず、お盆休みが終わっちゃいました。。